コラム&トピックス

Webについてのお役立ち情報や豆知識などを更新しています。
また、エッコの活動報告なども公開しています。

Web制作

ホームページが必要なのはもうあたりまえ! しっかり「武器」として使えるホームページ制作のためのポイント

イメージ

ネット社会と呼ばれる昨今、ホームページを持つことは最早必須。
会社の信用に直結してくると言っても過言ではありません。

「え、このネット社会にホームページも作ってないの?嘘でしょ、このネット社会にどこで情報得ればいいの?信用出来ないやだこわいネット社会なのに。」なんてことになってしまいます。

だから「ホームページって必要なの?」って質問はもう禁止です。
今知るべきなのは「どんなホームページが必要なの?」か。

制作方法によって、武器にもなるし、ただの置物になる可能性もあります。

武器欲しくないですか?

強いやつ。

ここでは「企画」「制作」「運用」のフロー別にホームページ作成時におけるポイントを紹介します。
実際に制作する際や、制作会社に依頼される際に参考にしていただけると幸いです。
いってみよ。

「企画」段階において

ここで最初に決めたいのは、「ターゲット」「ゴール」
これが明確にならないままふわふわ進んでいくと、
結局目的の分からない、ユーザーに刺さらないふわふわしたホームページが完成し、
「ホームページを作れば売上が上がる!」といった漠然とした期待も儚く夢の彼方、ふわふわふわ。
そうならないためにも、誰に向けた何を目的としたサイトなのかを、企画の段階で確定させることがホームページ制作に置いてかなり重要な鍵となります。
それが決まれば、次にターゲットをゴールに運ぶためのサイトの構成を考えます。
どんなページ、コンテンツが必要か、どんなキャッチが興味をそそるか、どういった流れで回遊させるのがスムーズかなど、ターゲットの目線で考え、ゴールまでのイメージを固めます。

ホームページ制作において、この企画と言うフローは骨組みとなる重要な部分であり、少しでも不明瞭な部分や矛盾ががあるとこの後の作業にかなり支障がでてきます。時間をかけてでもしっかり考え、固めることが大切です。

「制作」段階において

企画段階で固めた構成を元に、実際に制作に入ります。
ここで気をつけたいのは、「商材」や「ターゲット」に合わせたデザインをすること。
やはり誰もが、自分好みのテイストにサイトを作りがちです。
とてもわかります。ただ、あくまでユーザーに向けたサイトなのだということを頭において進めないと、
売りたい商材、狙っているターゲットとデザインが咬み合わないチグハグなサイトになってしまいます。
もう本当、ターゲットの気持ちになりきって制作するくらいの気持ちが大事なんじやないかなと思います。
言っていいのかわかりませんが女性向けのサイトを作ってる時が幸せです。

「運用」段階において

オープン後、運用がはじまります。
せっかくホームページを制作しても運営をサボると効果は半減。頑張りどころなのです。
更新系のページ(ブログ、お客様の声など)はできれば頻繁に更新できるとベストでしょう。

コンテンツの充実は上位表示させるためのポイントになります。
さらにアクセス解析で得たデータを元にサイトの更新作業を行います。
構成の変更やページの作成、またキャンペーンを打ち出したり、、 状況に合わせて変化させていくことがアクセス数、コンバージョン率の増加、つまり集客や売上につながっていきます。

まとめ

開設はあくまでスタートであり目的はその先にあります。
最近は、誰でも簡単にホームページを作成できるツールも増えてきていますが、
「作る」ことが目的ではなく、会社の武器としてしっかり「使う」ことを考えて制作する!
この姿勢がとても大事なの事なのだと思います。

この記事を書いた人

Webデザイナー

たっつん : Webデザイナー

美容師をしていましたが人とのふれ合いに限界を感じデザイナーに転職しました。 覇気の無さには定評があります。よろしくお願いします。

Web戦略についてのご質問・ご相談などお気軽にどうぞ!

Web戦略相談はこちら

お気軽にご連絡ください!0120-788-897

メールでご相談の方はこちら

お問い合わせフォームへ

1営業日以内にご連絡させていただきます。

ページトップへ

Webを使った効果的な求人戦略はこれだ売上アップ実績多数のWebコンサルティングが今だけ大大大特価65%OFF