コラム&トピックス

Webについてのお役立ち情報や豆知識などを更新しています。
また、エッコの活動報告なども公開しています。

集客豆知識

【pokemon go 集客】これでユーザーをゲットだぜ!リリースしたらすぐにやりたいPokemon Goの集客術。

イメージ

こんにちは、株式会社エッコ 広報担当ヤッシー小林です。
海外で爆発的人気の「Pokemon GO」。
本日やっと日本でもリリースされましたね!!私も早速アプリを入れました!

 ではでは、今回は「Pokemon GO」を活用した集客術を紹介していきますね!
 
…と、その前に 簡単にポケモンについて説明します。
 
【ポケモンとは…】
ポケモンは1996年に任天堂がゲームボーイ用に発売したRPGゲームです。自身がポケモントレーナーになり、ポケモンを捕まえ、育て、対戦させ、ポケモン図鑑を完成させるという、子どもの収集癖を刺激するゲームです
なんと今年で20年。合計25タイトル。世界累計販売数2億本突破しているそうです。現在までに、700種類以上のポケモンが発見されています。そしてこの冬発売新作のサンとムーンは9言語に対応しているそうです!この様にポケモンは世界的に認知度の高いゲームなのです。
 
世界的認知度の高いIPであり、まさにデジタル生物Pokemonがスマホゲームとタッグを組んだのです。相性が悪いわけありませんね。
 
次に、Pokemon Goについて話をしていきましょう。
 
【Pokemon Goについて…】
ポケモンのゲーム要素を持ったGPS機能を活用したスマホゲームです。
 
公式サイト↓
【Pokemon Goの特徴】
・GPS機能を使用した位置ゲーム
・現実の世界と同じ地図上を歩き、ポケモンを探します
・現実のフィールド上にARのポケモンが現れます
・(まだ)競合がいないからめちゃめちゃ売れています
・モンスターボールを投げても、必ず捕まるわけではなく課金して追加ボールやアイテムを購入する必要があります
・全世界でリリースされています。アメリカ・イギリス・アイスランド・アイルランド・イタリア ・エストニア・オーストラリア・オーストリア・オランダ・キプロス・ギリシァ・クロアチア・スイス・スウェーデン・スペインスロバキア・スロベニア・チェコ・デンマーク・ドイツ・ニュージーランド・ノルウェー・ハンガリー・フィンランド・ブルガリア・ベルギー・ポルトガル・ポーランド・マルタ・ラトビア・リトアニア・ルーマニア・ルクセンブルク そして、日本!

さて、ここからが集客術の話になります。

【Pokemon Goを活用した集客術】

☆PokeStop(ポケストップ)で集客!
Pokemon Goの世界ではPokeStop(ポケストップ)という場所が配置されています。一定範囲内に入るとアイテムを手に入れることができる場所です。一度アイテムを入手すると一時的に使用できなくなります。

IMG_6305
ポケモントレーナート(以下ポケトレ)と化したプレーヤーたちはPokeStop付近に集まってきます。
もしその場所があなたの運営する店舗の近くだったらどうします??
ポケモンを求めてお客さんが勝手にやってくるんです!

しかし、PokeStopは任天堂がランダムで決めるものなので、
あればラッキーですが、ちょっとこれは運まかせなので、、
 
☆ ポケモン呼び寄せアイテム:ルアーモジュールでポケトレを誘致!
 
先ほど、課金して追加のボールやアイテムを購入すると述べましたが、
この課金して入手できるアイテムの中にポケモンを呼び寄せるルアーモジュールというモノがあります。

IMG_6304

例)ルアーモジュールは30分間ポケモンを呼び寄せることができるアイテムです。
50ドル(約5000円)で85個のルアーモジュールを購入すると、
30分×85個=42.5時。 42.5時間、ポケトレを誘致できるのです。

直接、売上に結びつかなくても多くの人が訪れるきっかけとなり、 認知向上に繋がりますね。
 
Pokemon Goを活用してうまく集客効果をしていきたいですね!
 
☆SNSを活用してすばやく告知&拡散
PokeStopかポケモンジムが店舗付近、もしくは店舗にあれば、すぐにソーシャルメディアを利用して告知しましょう。
また、店舗付近ないし店舗内でポケモンをゲットしたポケトレにお店の情報を含めた情報をSNS上で拡散してもらえるような仕組みを作りましょう。
例えば、集まってきたポケトレに、クーポンを贈るかわりに、SNS上で店舗名とポケモンの情報を流してもらえばさらなる拡散にもつながります!
 

【まとめ】
今後、期間限定キャンペーンや地域限定ポケモンなど、任天堂が店舗側の要望をくんだ新サービスを提供し始めるでしょう。
実生活はもちろん、Webマーケティングにもおおきな影響を与える事は間違いありません。
競合店のポケモンに対してうちのポケモンはコレにする!というような競合分析も始まるかもしれません。
ただの流行りものではなくWebマーケターとして今後どのようにPokemon Goを活用していけるかのか注意してみていきたいですね。

 
それでは、また~!

この記事を書いた人

広報/ジョブズモードチーム

ヤシコバ : 広報/ジョブズモードチーム

広報のヤシコバです。 高校卒業後、アイルランドの語学学校で勉強をしながら働いていました。現在は事務のお仕事と育児を楽しんでいます。 お酒とJazzとミニ四駆が好物です!人生もコースアウトぎりぎりのところを狙って、楽しんで生きたいと思っています。 Life Is Fun !! よろしくおねがいします。

Web戦略についてのご質問・ご相談などお気軽にどうぞ!

Web戦略相談はこちら

お気軽にご連絡ください!0120-788-897

メールでご相談の方はこちら

お問い合わせフォームへ

1営業日以内にご連絡させていただきます。

ページトップへ

Webを使った効果的な求人戦略はこれだ売上アップ実績多数のWebコンサルティングが今だけ大大大特価65%OFF