コラム&トピックス

Webについてのお役立ち情報や豆知識などを更新しています。
また、エッコの活動報告なども公開しています。

Web制作

ホームページってどうやって作るの?
~ホームページが出来るまで~

イメージ

「ホームページってどうやって作るの?」
という素朴な疑問を持たれる方もいらっしゃるかと思います。

今回はホームページが出来るまでの簡単な流れをご紹介します。
流れとはいってもコーポレートサイト(企業サイト)やショッピングサイト(決済機能を持ったサイト)など、作るサイトの種類によって様々ですし、非常に細かい工程もあります。

本記事では全体像を把握して頂くために、基本的な大きな工程のみをご紹介させていただきます。

①企画・設計

まずはじめに、ホームページを「何のために作るか」の目的を明確にしないといけません。
ただ、存在しているだけのホームページでは制作しただけの自己満足となり、制作するために投資した時間・お金などのコストが無駄になってしまうためです。
そのために自社の強みや競合、ターゲット、キーワード調査などを行った上で企画を練り、どんなコンテンツが必要か、どんな機能を組み込むか等のホームページの構成を決め、サイトの設計図を起します。

②サーバー、ドメインの用意

ホームページをインターネット上で閲覧出来るようにするためには、
ドメイン(URL)とサーバー(データを置く場所)が必要になります。
分かりやすくホームページを”家”だと考えると、ドメイン(URL)がインターネット上の”住所”、サーバー(データを置く場所)が”土地”といったイメージです。
制作を進めると同時にドメイン、サーバーを取得する必要があります。

③デザイン

サイトの設計図を元に、PhotoshopやIllustratorなどのデザインソフトを使い、ユーザーの目線や動き、ニーズを考えながら、色使いや目立たせるコンテンツなどを意識し、ターゲットに刺さるデザインを制作します。

④コーディング

デザインデータを元に、実際にホームページとしてパソコン(などの各種インターネット接続デバイス)に表示される様に、htmlというマークアップ言語をつかい、パソコンが読み取れる様に言語化作業を行います。
表示させる以外に何か機能を持たせる場合は、プログラムを書き込む作業も必要になります。

⑤テスト確認

サーバー上にテスト確認用の領域を作り、一般ユーザーが閲覧できないように設定した上で、作成したデータをアップし、ホームページの表示や動きに問題がないかを確認します。

⑥公開

テスト確認で問題がなければ、公開用のサーバー領域にデータをアップし、公開完了となります。

まとめ

基本的には上記の流れでホームページ制作は進んでいきますが、冒頭でもご説明した通り、今回の内容は大きな工程に絞ってご紹介しております。
実際には、デザインに必要な素材の収集や撮影、文章のライティング作業も必要ですし、ショッピングサイトならカートシステムの導入も必要になります。
これからホームページの立ち上げをご検討の方や「どうやって作るんだろ?」という疑問を持たれている方に、イメージを掴んでいただけければと思います。

この記事を書いた人

チームリーダー/Webディレクター

ZUSHIN : チームリーダー/Webディレクター

元々コーダーでしたが、今はディレクターをやっております。最近はチンクチの掛け方を身につける事に精を出しています。

Web戦略についてのご質問・ご相談などお気軽にどうぞ!

Web戦略相談はこちら

お気軽にご連絡ください!0120-788-897

メールでご相談の方はこちら

お問い合わせフォームへ

1営業日以内にご連絡させていただきます。

ページトップへ

Webを使った効果的な求人戦略はこれだ売上アップ実績多数のWebコンサルティングが今だけ大大大特価65%OFF