コラム&トピックス

Webについてのお役立ち情報や豆知識などを更新しています。
また、エッコの活動報告なども公開しています。

成功事例

【楽天でSEO対策】半年で月商が3倍に!楽天で売りたい商品を上位表示する方法。

イメージ

本クライアント様はパーティーや二次会等の、景品販売をされていらっしゃいます。本店サイトの売り上げも好調で、さらに流入チャンネルを増やすため楽天サイトの制作を担当させて頂く事となりました。

具体的な施策内容

楽天でサイトを制作する場合、「楽天のSEOを対策」しなければ集客にはつながりません。本店サイトと楽天サイトではそれぞれ集客の流れが異なります。簡単に言いますと、本店サイトはページ単位で、サイトを訪問するユーザーはトップページから入りカテゴリ―を経て商品ページへ移動しますが、楽天サイトでは「商品名」「商品番号」などで検索しはじめに訪問されるページが商品ページになります。

商品ページを強化。

楽天内の検索エンジンで検索結果がまず初めに表示されるのが「商品ページ」になります。(トップでもカテゴリーページでもありません)この為、とにかく商品ページを強化する必要があります。すぐに離脱されないよう、その商品情報の1ページでしっかりと訴求していきましょう。

▼改善手順
RMS(店舗運営システム)上で見ることができるデータは大まかに、アクセス、売上件数、売上高、離脱率、参照元があります。このデータを用いて改善を行います。
1)売れ筋商品の把握
2)1番集客できている商品を把握
3)対策を取る商品の優先順位を決める
4)各商品に必要な対策を行う

▼検索対策に関わる指標
・売上
・商品名
・商品説明文
・店舗名など。
(検索アルゴリズムは定期的に変更さるので継続的な検索対策と調整が重要です)

▼アクセスを増やす為のポイント
・キーワード選定:ページランキングや競合調査などからどのワードで流入するか決める
・上位表示対策:商品名やキャッチコピーを対策キーワードに沿ったものにする、ディレクトリIDの最適化、キャンペーンワードを入れる、レビュー対策など
・クリック率向上施策:クリックしてもらえるようなサムネイルを設置するなど

売りたい商品の検索順位を上げる。

売りたい商品の検索順位を上げる(維持する)為、またユーザーが各商品へアクセスし、本当にこちらが売りたい商品に誘導し購入してもらう為に、2つの策を取りました。

①単価の安い商品に広告を打ち売り上げを集中させる
②楽天にマッチしてない単価が高めの商品(=利益が大きい商品)の広告を打ちました。それと共にサイト内(売り場の設計)を①からのユーザーが回遊しやすいレイアウト(※売りやすいレイアウト)に改善しました。

※売りやすいレイアウトの特徴
売りやすいサイトとは、
・商品ページから訪問したユーザーに商品カテゴリートップへのリンクを表示し商品一覧を見ることができる(商品ページだけでは他の商品を選択できず直帰率が高くなる)
・どのページにもおすすめ商品やキャンペーンのバナーがある(売りたい商品へユーザーを促す)
・商品下に、関連、おススメ商品を提示している
・商品写真(大きい、色々なカットがある)
・商品詳細が流入ゲートになる場合がります、キーワードにそった商品説明文がある

結果

・狙った商品の検索順位が1-5位に上昇
・半年で月商500万に
・現在は月商1500万に

また、さらなる施策として、各商品のスマホサイトを作成。ユーザーが開いた最初の画面でしっかり訴求でき、スクロールしやすいページにするなど、各商品のスマホページを作り込みました。
結果、スマホユーザーからのアクセスも増え、2か月前~先月の間で(商品閲覧から購入に至るまでの)転換率が倍に増加しました!

まとめ

楽天のSEO対策としては、楽天でニーズのある商品を選定しトップやカテゴリーページではなく、各商品ページをメインに回遊性のあるサイトにする事が重要になります。また、売りたい商品へ誘導し購入してもらえるようなサイトを構築していきましょう!

この記事を書いた人

チーフWebコンサルタント

池本 将章 : チーフWebコンサルタント

「3度の飯よりビジネスが好き!」というビジネスオタクで、 日々様々なビジネスモデルに触れ・発見すること、そしてその中で本質的な要因を知る事に快楽を覚える人間です。よろしくお願いします。

Web戦略についてのご質問・ご相談などお気軽にどうぞ!

Web戦略相談はこちら

お気軽にご連絡ください!0120-788-897

メールでご相談の方はこちら

お問い合わせフォームへ

1営業日以内にご連絡させていただきます。

ページトップへ

Webを使った効果的な求人戦略はこれだ売上アップ実績多数のWebコンサルティングが今だけ大大大特価65%OFF