コラム&トピックス

Webについてのお役立ち情報や豆知識などを更新しています。
また、エッコの活動報告なども公開しています。

成功事例

お問い合わせが2倍に!!コンテンツマーケティングの基本と成功事例をご紹介します!

イメージ

今回は、適切なコンテンツを作成することで見込み客を認知から購買に促す為のコンテンツマーケティング成功事例を紹介します。
コンテンツマーケティングとは、
1)そのサイトのユーザー(見込み客)を明確化し
2)ユーザー(見込み客)が抱えている質問や関心に思っている事柄について適切で関係性の深い情報を提供することで
3)ユーザー(見込み客)を集客し、購買意欲を高め
4)ユーザーが適切な商品を選べるお手伝いをするコミュニケーション戦略のひとつです。

情報がオーバーロード気味な現代。ユーザーが費やせる情報量の何十倍もの情報がこの世の中に溢れています。ですが、ユーザーはユーザーにとって必要な情報が足りず、本当に必要な情報を求めて、必死に検索をしています。
コンテンツマーケティングを成功させるためには、従来の一方的にメッセージを投げかける様な割り込み、売り込み型ではない、ユーザーを段階的に支援していけるような素直で親切なコンテンツ提供が必要になります。また、「企業が伝えたい事」と「ユーザーが必要としている事」の差異を「適格なコンテンツ」で埋め、ユーザーとの信頼関係を作り、満足した購入に結びつけましょう。

では、簡単にその実例をみていきましょう。

今回は、愛知県にあるミシンの修理・買い取りの業者様が今回のクライアント様でした。
1)サイトのユーザー(見込み客)を明確化
ミシンを必要とするユーザーはどんな人たちになるでしょうか、主婦、縫製業に携わる方。

2)ユーザー(見込み客)が抱えている質問や関心に思っている事柄について適切で関係性の深い情報を提供する
不要になったミシンの買い取り方法を詳しく知りたい。出張料金など費用を知りたいなど。そしてそれらの要望に沿った情報の提供します。たとえばエアコンの商品名だけではなく製品番号や仕様なども分かりやすく表記しました。

3)ユーザー(見込み客)を集客し、購買意欲を高める
スタッフブログなどで詳しいミシンの情報やミシンに対する想いなどを語ってもらう。
今後ミシンを活用してもらうための、自宅メンテナンスやミシン講習会などの説明ページの設置やイベント企画などを行う。

以上、何だか当たり前で簡単に思えるかもしれませんが、
シンプルに「ユーザーが知りたいと思う全ての疑問に答える事」ができれば、ユーザーが検索した時に必然的に上位表示されるようになります。実際にお問い合わせも半年で2倍になりました!!
もちろん上位表示されるだけではいけません。認知された後、購入段階までユーザーを導く仕組みも必要になってきます。
購入後も引き続きユーザーとの関係性を継続できるような仕掛けも考えていきましょう!

この記事を書いた人

Webディレクター

九郎丸 大樹 : Webディレクター

WEB企画ディレクターの九郎丸です。 整備士や広告代理店を経て、たどり着いたのが株式会社エッコでした。 とにかく妄想が好きで、企画をするときも一体どんなお客さんが来て、何を求めて、どんな行動をするかな〜って妄想する時にエクスタシーを感じます。 お笑いとポーカーが好きな、ちょいデブディレクターですが宜しくお願いします。  

Web戦略についてのご質問・ご相談などお気軽にどうぞ!

Web戦略相談はこちら

お気軽にご連絡ください!0120-788-897

メールでご相談の方はこちら

お問い合わせフォームへ

1営業日以内にご連絡させていただきます。

ページトップへ

売上アップ実績多数のWebコンサルティングが今だけ大大大特価65%OFF