コラム&トピックス

Webについてのお役立ち情報や豆知識などを更新しています。
また、エッコの活動報告なども公開しています。

Web制作

SEO対策ってつまりなにをしていて、どんなメリットがあるの?

イメージ

SEOとは、ホームページからの集客を最大化するために、検索エンジンでより発見されやすくするテクニックを指します。
検索エンジンのより上位に上げるためのポイントをご紹介いたします。

SEOはお金じゃ買えない

そもそも大前提として、SEOはお金で買えるようなものではありません。
もし、お金を払うだけで検索順位が上がるのであれば、お金をたくさん持っている人がいつも上に表示され、検索したキーワードとは全く関係のないサイトや、詐欺のようなサイトばかりが出てきてしまいます。
そんなことではだれも検索しなくなってしまいます。
Googleなどの検索エンジンが恐れているのはまさにこれで、検索結果の質には最新の注意が払われており、順位の操作がされないように膨大なコストが払われています。
検索結果の順位が仮に操作できたとしても、それがばれてしまった場合ペナルティとなり、検索結果にまったく出てこなくなってしまいます。検索エンジンはあくまでも、検索エンジンを使っているユーザーにとって有益なホームページを上位に表示するようにしています。
それでは、ユーザーにとって有益なホームページとはどのようなサイトなのでしょうか?

ユーザーが求めているキーワードに特化したホームページを作る!

検索エンジンが大切にしているのは、ユーザーに有益な情報を提供できているかどうかです。
ユーザーが検索したキーワードに、そのホームページが特化しているかどうかで判断し、ランク付けをしています。
このランクを上に上げる事で、検索エンジンでより発見されやすくしていくのがSEOです。
そんなSEOの手法は大きく分けて、「内部対策」と「外部対策」があります。

内部対策のポイント

内部対策には2つのポイントがあります。
・検索エンジンに認識されやすいサイトの構造にする。
・ユーザーにとって有益なコンテンツをたくさん提供する。

検索エンジンがホームページを正しく認識できなければ、いかに素晴らしく有益なコンテンツを用意しても正しい評価を集められず、いつまでたっても上位表示できません。
また、当然のことですが、ユーザーが求めている有益なコンテンツを用意することが必須条件になります。
そのために、ホームページに訪れるユーザーが求めていることを徹底的にイメージし、狙っているキーワードですでに上位表示している競合のホームページの調査も必須になってきます。

外部対策とは

外部対策とはつまり、自社のホームページにどれだけリンクを集められるのかを指します。
リンクが沢山集まっているホームページは、おのずとそのキーワードに対して有益な情報があるだろう。
特化しているだろう。という評価基準です。
内部対策のコンテンツ制作と同じ方向性ですが、ユーザーが拡散せずにはいられないコンテンツを用意すれば、自然と外部リンクが集まります。

しかし注意したいのが、このような外部リンクをお金で買うような外部対策です。
そのような対策は、たしかに一昔前ではとても有効でした。しかし、検索エンジンが高度化した今、そのような小手先の技術はすぐに見破られてしまい、ペナルティを受けてしまいます。やはり、SEOはお金ですぐに解決できるようなものではないのです。

検索エンジンの特性やユーザーの目的などが複雑に絡み合い、日々更新されていく検索アルゴリズムに対応し、ホームページのチューニングを絶えず行っていくことが検索結果の上位表示には欠かせず、とても大変なことですが、検索エンジンに評価され続けている限り、追加の広告費をかけずに集客ができ、自社のホームページが大切な財産にもなるのが、SEOのメリットです。

この記事を書いた人

Webディレクター

中村 文俊 : Webディレクター

デザインや映像系の大学を卒業後、写真スタジオ勤務を経てWeb業界に入りました。 好きな色は、蛍光の黄緑の透明です。よろしくおねがいします。

Web戦略についてのご質問・ご相談などお気軽にどうぞ!

Web戦略相談はこちら

お気軽にご連絡ください!0120-788-897

メールでご相談の方はこちら

お問い合わせフォームへ

1営業日以内にご連絡させていただきます。

ページトップへ

Webを使った効果的な求人戦略はこれだ売上アップ実績多数のWebコンサルティングが今だけ大大大特価65%OFF