コラム&トピックス

Webについてのお役立ち情報や豆知識などを更新しています。
また、エッコの活動報告なども公開しています。

Web制作

結局何がいいの?レスポンシブWebデザイン簡単まとめ

イメージ

数年前に突如Web業界に現れた「レスポンシブWebデザイン」 直訳すると、Responsive(反応する/応答する)WebDesign(ホームページ設計)です。Web業界のお仕事以外の方でも、このワードを耳にされたことがあるお客様もみえるかと思います。 結局普通のホームページと何が違うの?という声もよく頂きます。 そこで、メリット・デメリットを簡単にまとめました。

①そもそもレスポンシブWebデザインって?

現在ではパソコンは勿論、スマホやタブレットなど様々な端末からホームページを観覧します。 レスポンシブWebデザインは、その様々な端末画面に合わせて、単一HTMLファイルが自動的に最適なホームページのデザインを表示してくれる手法です。 簡単に言えば、「どのサイズの画面(端末)」でも最適な状態でホームページを表示してくれるのがレスポンシブWebデザインです。

②レスポンシブWebデザインのメリット

・単一ファイルで管理が簡単 別途スマホサイトのファイルを作成する必要がないので、ホームページの更新などにかける時間が削減できます。
・SEO対策に有効 2015年4月にGoogleが「モバイルフレンドリー」なる検索結果基準に大きく関わるアルゴリズム改訂がありました。 モバイルフレンドリーとは、ホームページをモバイル端末で表示した際に最適化されているかどうか、ということです。 具体的には、テキストサイズやボタンがタップしやすいかなど様々です。
・今後も様々な端末に対応可能 画面サイズに依存しないということが最大の魅力です。 きちんと初期の段階で設定しておけば、今もなお増え続けている末端に、わざわざ合わせなくても常に最適なホームページを表示することができます。

③レスポンシブWebデザインのデメリット

・スマホ表示の場合、重くなる可能性があります。 別途スマホサイトが構築されていないので、PCサイトと同じソースを一度読み込んで、最適な表示をします。 その為、PCサイトで大きな画像を使用している場合、表示速度が遅くなることがあります。
・制作時のコストがかかる(可能性がある) 別途スマホサイトを構築しない分、設計や構築が複雑になります。 その為、PCサイトのみ制作するより時間がかかってしまうので、制作コストが高くなります。
・古いブラウザに非対応の場合がある レスポンシブWebデザインは、IE8以下やガラケーと呼ばれるフューチャーフォンには非対応です。 例えば、IE8のシェア率は2016年1月現在2%以下と、どんどんシェア率が下がってきてはいますが、業種・業界によってはまだまだ使用されていると予想されますので一部のユーザーからは意図した形でWEBサイトを閲覧していただけない可能性があります。

まとめ〜結局どうなの?

レスポンシブWebデザインに限らず、ホームページはお客様の業種・業態や、ターゲット層など様々な観点で仕様を決定するべきだと考えます。 Webの技術はすごいスピードでどんどん新しくなっていきますが、都度メリット・デメリットをしっかり把握して、状況に合わせた柔軟な判断をしていきたいですね!

この記事を書いた人

チーフWebデザイナー

ユウタ : チーフWebデザイナー

デザイナーの小川です。 中学を卒業後、建築現場を転々とした後、「昔から絵を描くのが好きでした」という定番の理由でデザイン業界へ。 お酒と囲碁とサイケデリックが好きです。 よろしくおねがいします。

Web戦略についてのご質問・ご相談などお気軽にどうぞ!

Web戦略相談はこちら

お気軽にご連絡ください!0120-788-897

メールでご相談の方はこちら

お問い合わせフォームへ

1営業日以内にご連絡させていただきます。

ページトップへ

「集客に強い」ホームページ制作はこちら 売上アップ実績多数のWebコンサルティングが今だけ大大大特価65%OFF